vyatta

vyattaで簡単にPCルータができた。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080426_vyatta/

http://www.vyatta.com/products/demos/router_demo/Quickstart%20Router%20Config.html

vyatta 帯域制御 bandwidth

http://www.mattgwatson.ca/2008/05/how-to-basic-qos-on-vyatta-with-dscp-for-voip/

を参考にした。 QoSではなくただ帯域を絞りたかったので、bandwidthを10mbitとした

そのままではエラーメッセージがでるのでdefault bandwidth 100%と設定すると帯域制御できる。(HTTPのトラフィックにはなぜか効かない)

	root@vyatta# edit qos-policy traffic-shaper myshaper
	root@vyatta# set bandwidth 10mbit
	root@vyatta# set default bandwidth 100%
	root@vyatta# set interfaces ethernet eth0 qos-policy out myshaper
	commit save

レート設定

	rate-suffix The bandwidth, specified as a number and a scaling suffix (for example,
	10mbit). The following suffixes are supported:
	kbit: Kilobits per second.
	mbit: Megabits per second.
	gbit: Gigabits per second.
	kbps: Kilobytes per second.
	mbps: Megabytes per second.
	gbps: Gigabytes per second.

ネットワークの通信量(Ethernetの通信パケット量)

MRTGなどでネットワークの帯域を測定することもできるようだが、 実験ごとの通信量を測定結果を使うのもいいかも。

#ifconfig

#show interface ethernet detail

のコマンドの出力でRXとTXの合計の差分をとれば、実験ルータの特定のネットワークの外部との通信量となる。

RX 受信パケット数。packetsは受信した総パケット数,
errorsはエラーになったパケット数,droppedは破棄したパケット数,
overrunsは処理が間に合わなかったパケット数,
frameは指定フレーム・サイズを超過したパケット数を表す 
TX 送信パケット数。packetsは送信した総パケット数,
errorsはエラーになったパケット数,droppedは破棄したパケット数,
overrunsは処理が間に合わなかったパケット数,carrierはキャリア数,
collisionsは衝突検知回数,txqueuelenは送信キューのサイズを表す 

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230802/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-16 (金) 02:51:41 (3803d)