バックアップ:CreativeStyle? - [論文アブスト]P4P: Explicit Communications for Cooperative Control Between

サーバーがダウンしてたので、googleから

http://www.kadoppe.net/2008/07/p4p-explicit-communications-fo.html

	[論文アブスト]Analyzing and Improving a BitTorrent Network’s Performance MechanismsCommentsAdd Star
	
	    * 2008-07-18 (Fri) 16:15
	    * 研究
	    * hatena button
	    * hatena count
	    * save this page del.icio.us
	
	「Analyzing and Improving a BitTorrent Network’s Performance Mechanisms」という論文のアブストラクトを読みました。
	
	■著者
	A. Bharambe, C. Herley, and V. Padmanabhan
	
	■出典
	In Proceedings of IEEE INFOCOM ’06, Barcelona, Spain, Apr. 2006
	
	以下、アブストラクト原文です。
	
	    In recent years, BitTorrent has emerged as a very scalable peer-to-peer file distribution mechanism.
	    While early measurement and analytical studies have verified BitTorrent’s performance, they have also raised questions about various metrics (upload utilization, fairness, etc.), particularly in settings other than those measured.
	    In this paper, we present a simulationbased study of BitTorrent.
	    Our goal is to deconstruct the system and evaluate the impact of its core mechanisms, both individually and in combination, on overall system performance under a variety of workloads.
	    Our evaluation focuses on several important metrics, including peer link utilization, file download time, and fairness amongst peers in terms of volume of content served.
	
	    Our results confirm that BitTorrent performs near-optimally in terms of uplink bandwidth utilization, and download time except under certain extreme conditions.
	    We also show that low bandwidth peers can download more than they upload to the network when high bandwidth peers are present.
	    We find that the rate-based tit-for-tat policy is not effective in preventing unfairness.
	    We show how simple changes to the tracker and a stricter, block-based tit-for-tat policy, greatly improves fairness.
	
	以下、僕によるおかしな日本語訳です。
	
	    近年、BitTorrentが非常にスケラーブルなP2P分散ファイルメカニズムとして台頭してきた。
	    初期の計測と分析研究はBitTorrentのパフォーマンス検証を行っていたが、それらは様々なメトリック(アップロードの利用、公平さ、などなど)に関する疑問を生じさせることになった。
	    本稿では、シミュレーションに基づいたBitTorrentの研究を紹介する。
	    本研究の目的は、システムを再構成し、その中心となるメカニズムの影響力を評価することである。
	    評価・再構成は、システム全体の仕事量を変化させながら、それぞれを個別に行ったり、複合的に行ったりするものとする
	    本研究の評価は、ピアリンクの利用、ファイルダウンロード時間、提供するコンテンツ量という意味でのピア間の公平さに焦点を当てる。
	
	    評価の結果、BitTorrentは、uplinkの帯域利用、ある特定の極端なコンディションを除いたダウンロード時間に関して、ほぼ最適であることを確認した。
	    また、広帯域ピアが存在するとき、狭帯域ピアはネットワークにアップロードした量より多くダウンロード出来ることを示した。
	    さらに、rateに基づいた「しっぺ返し戦略」が不公正さを防ぐのに効果的ではないことを発見した。
	    blockに基づいた「しっぺ返し先略」がどのように公平さを向上させるかを示す。
	
	BitTorrentプロトコルの評価は今まで行われていたけど、色々な項目について疑問が浮かび上がってきたので、シミュレーションによってそれらの項目をしっかり評価してみました、という研究のようです。
	
	気になるのは「rate-based tit-for-tat policy」と「block-based tit-for-tat policy」です。
	前者は、ピアの不公正さを防ぐのにあまり効果的ではないみたい。
	「tit-for-tat policy」は、ゲーム理論における「しっぺ返し戦略」と呼ばれるものを指すようです。
	
	ゲーム理論についてはほとんどわからないので、少し勉強してみたいと思います。
	Similar Posts:
	
	    * [論文アブスト]A Low-bandwidth Network File System
	    * [論文アブスト]Optimizing Cost and Performance for Internet Multihoming
	    * [論文アブスト]Measurement, Modeling, and Analysis of a Peer-to-Peer File-Sharing Workload
	    * [論文アブスト]P4P: Explicit Communications for Cooperative Control Between P2P and Network Providers
	    * [論文アブスト]Disconnected Operation in the Coda File System

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-27 (火) 03:35:26 (3792d)