スラムドッグ$ミリオネア デジタル一眼レフ

Fire and forget : スラムドッグ$ミリオネアはEOS 5D Mark IIで撮影されたのか? <http://aim7.exblog.jp/8349887/>

デジタル一眼マニアック – スラムドッグ$ミリオネアは一眼で撮影 [DSLR Maniac] <http://dslcamera.ptzn.com/?p=1350>

このニコンの使い回し戦略は、効率性の観点では極めて正しいが、一つリスクがあって、このモジュールで2年大丈夫、と踏んだ予想が狂うと、途端にリカバリーまで時間がかかることである。デジタル一眼レフに初めて動画機能を搭載したのはD90を出したニコンだったが、キャノンは、すぐEOS 5D2という機種に、ほぼフルHD(1920*1080/30p)の動画を載せてきた。ここまで早くキャノンがスペック的に上回る動画搭載機を出してくるとはニコンも予想していなかったのだろう。今日出たD300sは、クラス的には5D2と近いアッパーミドル機だが、後発の同クラス機にも関わらず、5D2に劣る動画機能しか載せられなかったのは、予想の狂いとしか考えられないし、もともとD300sまで載せる前提で作った、1280*720/24pの動画のソフトウェアと処理ASICのパッケージモジュールで、しばらくキャノンとは戦えると踏んでいたのだろう。いま、映像の世界ではアカデミー賞を取った「スラムドッグ$ミリオネア」を筆頭に、デジタル一眼レフによる撮影が予想以上の浸透を見せているが、ニコンは、この拡大市場に対して、プロの使用に耐える動画スペックを持つ機種を出せていない。意外に、予想の狂いの代償は大きくなるかもしれない。 <http://d.hatena.ne.jp/bohemian_style/20090731>


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-16 (日) 14:31:45 (3540d)