世界の経営学者が見るイノベーションの研究と日本〜「世界の経営学者はいま何を考えているのか」の著者入山章栄先生との対話 <http://idllife.blogspot.jp/2013/04/blog-post.html>

そして、それを実現する上で大事な考え方がトランザクティブメモリーという考え方。これは、その組織や、その場の構成員が、「誰が」、「何を知っているか」というのをどれだけ、「専門的な情報を」、「正確に把握しているか」。
その質によって、暗黙知の物理的交換が、知に変わっていく効果に影響があるという考え方をするそうです。
特にこれは、「うちの会社大きすぎて、しかも、どこが何やってるか全然知らない。えー、ここでそんなことやってたの、、、」と後から知るとか、
逆に、「このコワーキングスペースにいる人たちはみんないつも情報発信しているからあの分野だったらこの人に聞けばいいかすぐにわかるんだよねー」みたいな形で現れます。

大企業ビジュアライゼーションみたいなサービスを思いついた。

ただ、やってみればいい〜イノベーションを促すリーダーの在り方 <http://idllife.blogspot.jp/2013/03/blog-post_22.html>

日本社会に合っているデザイン手法ってアメリカ型?ヨーロッパ型? <http://idllife.blogspot.jp/2013/03/blog-post.html>

インターラクションデザインの世界へようこそ〜デンマークのデザインスクールで体験していること <http://idllife.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html>

processing勉強しようかなー


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-22 (月) 14:10:07 (2101d)